1. HOME
  2. サービス案内
  3. バリュエーション(株価算定)
  4. 株式価値算定・事業価値算定

サービス案内

株式価値・事業価値算定

M&Aのディール特性に応じた株式価値・事業価値を算定

グローウィン・パートナーズは、M&A検討・実行時の各段階において発生するバリュエーション(株式価値・事業価値算定)業務につき、お客様を独立第三者の立場からサポートいたします。

M&Aにおけるバリュエーションの実施時期(買手のケース)

M&A初期的検討段階

簡易的なバリュエーション

対象会社に関する詳細資料を入手する前に、限られた情報のもと、概算のバリュエーションを実施し、対象会社との価格交渉やストラクチャー検討の参考情報とする。

M&A実行段階
バリュエーション
(株価算定書・事業価値算定書)
対象会社に対する財務デューデリジェンス(財務DD)を実施し、純資産の修正事項や非事業用資産、運転資本、純有利子負債など、株式価値の算定に必要な詳細情報を反映し、ステークホルダーへの説明を行うためのバリュエーションを実施する。
M&A実行後
(ポストディール)
シナジー効果分析
のれんの再評価
M&A実行前にシミュレーションしていたシナジー効果が発揮され、適切なIRRが得られているかどうかをモニタリングするために、買収した事業価値の評価・分析を行う。
減損の兆候がみられる場合には、減損テストの一環としてバリュエーションを行う必要がある。


バリュエーションの留意事項

M&A実行時に利用される主なバリュエーション方法には、純資産法、DCF法、類似会社比較法などがありますが、たた単に計算式にあてはめるのではなく、お客様のビジネスと対象企業とのシナジー等の分析、事業計画の精度、取得予定の株式比率などに応じて、様々な前提を置いて算定する必要があります。

グローウィン・パートナーズでは、M&Aに関する深い知識と多くの事例から得た実績と経験に基づき、TOBにおける株価算定、ストック・オプションの価値算定、会社分割・事業譲渡における事業価値算定など、高度・複雑なケースにも対応いたします。

さらに、非上場企業の評価はもちろんのこと、TOB(MBOを含む)案件においては、他社事例や買収プレミアムの傾向なども踏まえ、公開買い付け価格(TOB価格)決定に関するアドバイスも行っております。

  • 支援実績
  • REQUEST
  • CONTACT
  • バリュエーション(株価算定)一覧に戻る

関連事例

関連レポート

ベンチャー企業の成長手段としてのM&A
「M&Aで企業を成長させる」と聞くと、買収側の話のようですが、今回は売却側の話です。2012年の後半あたりから、上場企業などがアーリーステージのベンチャー企業を買収する(もしくは一部出資する)… [続く]
ストックオプションの解説
2015年6月にコーポレートガバナンス・コードも公表され、よりステークホルダーを意識した経営が必須となっております。株主価値重視の経営が求められる中、固定的・年功的な慰労金への株主等からの批判が高… [続く]
企業価値算定の方法
Step 説明 事業価値の算定 ①FCFの算出 事業計画書よりFCFを計算 ②継続価値(TV)の算出 TV=FCFn÷r 予測事業年度の最終年度のFCFを… [続く]
増加する株価連動インセンティブ
このように、株価と連動した報酬の導入の必要性が高まる中、役員退職慰労金制度を廃止し、1円ストックオプションを発行する企業が増えております。1円ストックオプションとは株式報酬型ストックオプションとも呼ば… [続く]

非上場株式の評価、株式価値評価ならグローウィン・パートナーズ。グローウィン・パートナーズは、大手監査法人のM&A支援業務・上場支援業務や、事業会社のCFO業務等に従事してきた、経験豊富な公認会計士を中心とした財務・会計のプロフェッショナル集団です。有用、かつ、実務的なサービス提供を特徴とし、ハイクオリティな株式評価・株価評価・企業価値算定サービスを提供いたします。

このページの先頭