M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

リスクフリーレート

区分:
英語:
Risk Free Rate

リスクフリーレート(Risk Free Rate)とは、「リスクが最小の金融商品から得られる利回り」を意味する。日本の場合、日本国債の利回りがこれに該当する。アメリカでは米国財務省証券(長期国債)の利回りをこれにあてている。
本来の意味での「リスクフリー」とは完全な無リスクを意味するが、国家のデフォルトの危険性など「完全に無リスク」と呼べる金融商品は実在しない。このため、現実問題として入手し得る最小リスク金融証券の利回りをリスクフリーレート(金融商品の底値)と定め、各金融商品のリスクプレミアムを考慮することで当該商品の価値を算定する。
なお、リスクフリーレートの考え方はM&Aの企業査定に必要な株主資本コストの算出方法(Capital Asset Pricing Model =CAPM)にも導入される。CAPMによる株主資本コストはリスクフリーレートに株式のリスクプレミアムを加算して算出される。

PAGE TOP