M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

再調達原価法

区分:
英語:

再調達原価法とは、買収対象の企業(事業)を評価する評価法のひとつ。当該事業をゼロから創業した際、どれぐらいの総コストがかかるかを尺度として測定する。
なお、「再調達原価」という考え方そのものは不動産事業など多くの業種で用いられる普遍的な原価評価法のひとつであるが、企業は単純な工業製造物のように原理的に再調達が可能な存在ではない。このためM&Aの場合の買収価格決定の際などに概念的に用いられる。

PAGE TOP