M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

類似会社比較法

区分:
英語:

類似会社比較法とは、M&Aで特定の企業を評価する際、比較会社に業種・規模・収益・キャッシュフロー等似ている要素が多い上場会社を複数社抽出し、それぞれの株価を元に評価企業の価値の相場を探るという評価法である。
上場直前あるいは上場を目指している企業の評価に多く用いられる方法で、別名「マルチプル法」とも呼ばれる。ただしこの手法を用いて非上場企業を算定した場合、算定された価値は少数株主価値ベースであることから、流動性リスクを加味してディスカウントを行うのが一般的である。

PAGE TOP