M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

パススルー課税

区分:
英語:

パススルー課税とは、法人や組合などにおいて発生した利益に対し、直接当該の法人や組合には課税されず、その利益の配分を受けた出資者、構成員等に課税される制度のことである。別名「構成員課税」とも呼ばれる。
なお、このパススルー課税が適用されるのはLLP(Limited Liability Partnership=有限責任事業組合)であり、LLPの性格は民法上の組合の特例とされ、法人格は有さない。よって法人税も課税されない。
また、投資法人(「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づいて設立される法人。法人税法上は普通法人)に関しては「配当可能利益の90%超を分配する等の要件を満たす場合は、配当等の額を損金算入する」との取り決めがあり、条件を満たした場合には結果的に法人税は課税されない。これは実質上パススルー課税と同様であるため、投資法人に対しても「パススルー課税」の語が使われることがある。

PAGE TOP