TOPICS

TOPICS

SCROLL

DTC前代表取締役社長 伊香賀氏 顧問就任のお知らせ

2017/04/14

グローウィン・パートナーズ株式会社は、デロイトトーマツコンサルティング合同会社(以下、DTC)の前代表取締役社長である伊香賀正彦氏(現プラジュナリンク株式会社 代表取締役 公認会計士)が顧問に就任しましたことをお知らせいたします。

■顧問就任の背景

当社は創業以来、「お客様・スタッフを始めとする当社に関わる全ての人々の成長(Growth)と成功(Win)を支援する」という経営理念のもと、上場企業やIPO準備企業を中心にM&Aサービス(Financial Advisory Service)や経理BPO/BPRサービス(Accounting Advisory Service)を主軸に展開してまいりました。

昨今ではクライアントニーズのさらなる多様化や、クライアント規模の大型化に対応するため、今までの会計税務を主業務とした業態から、ERP導入や経営支援にも対応できるコンサルティングファームへと進化しつつあります。

DTCの発展に大きく貢献された伊香賀氏に顧問に就任していただくことにより、豊富な経験と高い識見を活かし、今後の経営体制強化へ様々なアドバイスをいただく予定です。

■伊香賀正彦氏 略歴(役員紹介ページが開きます)

1979年、現デロイトトーマツグループに入所。35年以上にわたり経営コンサルタントとして金融業および製造業を中心に、情報システム、業務改革、財務および人事のコンサルティング業務に関わる。
2000年、トーマツコンサルティング株式会社(現 デロイトトーマツコンサルティング合同会社)の代表取締役社長に就任。13 年間にわたりコンサルティング事業の最高責任者を務める。
2004年、デロイトトーマツグループの経営会議メンバーとしてグループ全体の経営に関与。
2013年、デロイトトーマツグループCSO(Chief Strategy Officer)としてグループ全体の戦略策定とその実行をリードする。デロイトグローバルにおいては、2002年からGlobal Consulting Executive Committeeのメンバーを11年務めたのほか、2013年からデロイトグループの損害賠償保険会社であるNautilusのBoard directorを務めた。
2016年、同グループ退職後にプラジュナリンク株式会社を設立し、代表取締役に就任。上場企業クライアントを中心に、ビジネスコンサルティングを行なっている。

森永乳業株式会社(東証1部 2264)社外監査役
ヤマハ発動機株式会社(東証1部 7272)社外監査役

本件に関するお問い合わせ先:

グローウィン・パートナーズ株式会社

TEL:
03-5157-1616
03-5157-1616
E-mail:
press@growin.jp
PAGE TOP