MISSION 01

my mission isプロの経営者になる、春田 弘輔

フィナンシャル・アドバイザリー部
シニアアソシエイト

春田 弘輔

どうしても
M&Aの仕事がしたかった。

父は会社経営者。幼い頃から社長になるべく育てられました。最初の就職先に新生銀行を選んだ理由は、企業経営の発露であるM&Aが学べると思ったことに加え、日本長期信用銀行からの歴史が好きだったことでした。しかし、新生銀行は投資銀行から商業銀行に舵を切ったタイミングだったこともあり、1年目の配属先は物流企業の融資担当でした。その中で、大企業に対する正統派の営業や銀行員としての文書作成・財務分析のスキル、金融知識など、多くのことを学びました。しかしながら、M&Aに携わりたいという思いは消えず、独立系M&Aファームに転職。激務が続いたうえ、1つ1つの仕事に、凄まじいクオリティを求められ、「これが億を稼ぐ仕事か」と痛感しました。その後、戦略コンサルティングファームに転職し、クロスボーダーM&Aを担当。M&Aの知識や経験を積む中で、徐々に「M&Aのプロセスを一人で成し遂げたい」と思うようになり、グローウィン・パートナーズ(GWP)の扉を叩きました。

GWPは自分にとって、
あらゆる意味で理想的な環境。

GWPは少数精鋭であり、M&Aのプロセスを1から10まで自ら実行できるフィールドに魅力を感じました。入社後はクロスボーダーM&Aの体制づくりに注力しており、海外の提携先の発掘からエグゼキューションまで一貫して行っています。入社後にあげた成果としてあげられるのは、海外のフィナンシャル・アドバイザーネットワークへの加入です。提携先が増えれば、案件を紹介しあってネットワークを広げられます。これにより、業務基盤としては国内外の同業他社に負けないレベルになり、事業の一つの柱となると期待しています。

この仕事の醍醐味は、何と言っても交渉の現場にあります。買い手側には、「ここを買収すれば、懸案の課題を解決できるのではないでしょうか?」と提案する一方で、売り手側にも、売却した後の絵をきちんと描いて見せ、互いの気持ちを汲み取り、納得できるラインを見つけていく。交渉の舞台がクロスボーダーであれば、商習慣だけではなく文化自体が異なります。交渉を優位に進めるためには、昼間の交渉だけでは足りず、夜に酒を飲み交わしながら、たまにはズバッと核心的な意見を伝えることも必要です。楽しみ過ぎては何も進まないし、冷静過ぎても信頼されずに身構えられてしまう。この両方を実現しなければ、顧客の利益を達成できません。こういった駆け引きが何より楽しいと感じています。

笑顔の春田 弘輔
外でお仕事途中の様子、春田 弘輔
春田 弘輔の社内でお話している風景
カバンからノートパソコンを出している様子

ビジネスのライフサイクルを体感し、
将来はプロの経営者になる。

これからのGWPでの仕事は、さらにおもしろくなると思います。自ら仕事を見つける自由度が高い職場ですから、自分がゼロから大型案件を生み出す時もくるでしょう。業務の中でビジネスのライフサイクルを肌で感じつつ、将来的には、自分で起業し、組織を作りたいと考えています。GWPはあらゆる分野のプロが集まり、関わるすべてのお客様の「成長と成功」を本気で考えています。自分の利益が一番という人は一人もいません。まさにお客様のことを「我が事」で考えられる人向けの会社です。だからこそ、目の前の仕事1つ1つにのめり込むことができますし、将来的にプロの経営者になるというライフプランの中で、今はGWPがベストな環境だと感じています。

笑顔いっぱいの春田 弘輔

It’s my Career

  1. 大学卒業後、株式会社新生銀行に就職。倉庫・鉄道・陸運・空運などのクライアント約100社の融資担当として勤務。

  2. 同銀行内の不動産ファイナンス部へ配属。収益物件に対するノンリコースローンを担当。

  3. 独立系M&Aファームに転職し、クロスボーダーM&Aを学ぶ。

  4. 戦略コンサルティングファームに転職し、引き続きクロスボーダーM&Aを担当。

  5. 2017年11月にGWP入社。クロスボーダーM&Aのオリジネーション及びエグゼキューション、業務体制の構築を担当。

It’s my days

  • 春田 弘輔の社内でお話している風景
  • 社内でパソコンと打つ春田 弘輔の様子
  • ノートパソコンを打っている様子
  • 外回りをしている風景
Back to index