MISSION 07

my mission is より意思決定に関わる仕事へ、堀尾 直也

Financial Advisory 事業部
シニアアソシエイト

堀尾 直也

より意思決定に関わる仕事へ

公認会計士試験に合格後、大手監査法人に入所しました。入所後は、監査業務に従事したのち、M&Aの部署でデューデリジェンス(以下、DD)を担当、これがM&A業界へとキャリアチェンジするきっかけです。その後、大手M&Aファームに転職し、前職の経験を活かしてDDを中心に組織再編支援、台湾駐在など様々な経験を得ることができました。しかし、大手ということもあり、組織はサービス毎に縦割りで、業務内容もM&Aプロセスの一部の作業をこなすだけのため、最終的に自分達が調査した結果が、交渉過程や取引結果にどのように反映されたのか分からないまま案件が終了するということが続きました。本来やりたかった仕事が出来ているのか考えるようになりましたね。もともと、経営に携わりたくて会計士になったこともあり、より経営の意思決定に関与できる仕事がしたい、よりM&Aプロセス全体に関わりたいと思い、自分のやりたいことを叶えられる環境を探し始めました。
その中で、知人を介して出会ったのがGWPです。一般的なM&Aファームではフィナンシャルアドバイザリー(以下、FA)やDD、VAL、TAX、PMIと、サービス毎に組織が完全に縦割りになっていることが多いのですが、GWPではトータル的にM&A全体に関わることができる点が非常に魅力的でした。

成功に繋がる意思決定をサポートする

GWPに入社直後から国内外の様々なM&A案件に関わることが出来ています。その中でも、大手企業による海外ベンチャー企業への投資案件のサポートは特に印象的でした。アジアを中心に10数カ国へ展開しようと計画しているベンチャー企業への投資を検討する案件で、当初よりクライアントの社長は投資に対し積極的な状況だったことを覚えています。我々が対象企業の各国のマーケット状況と、その実績を分析した結果、提出された事業計画の蓋然性が低いと判断されため、積極案件だとは知っていましたが、その分析結果とGWPの判断を冷静にクライアント担当者にお伝えしました。それでも実行するかなと思っていましたが、我々の意見を検討して頂いた結果、投資見合わせの判断をされることになりました。ご担当者の方にはここまで調べてくれたおかげで無理な投資を行わなくてよかったと、大変喜んでいただけたのを今でも思い出します。まさに、自分たちの仕事で、企業の意思決定に関与できたと実感した案件でしたね。
前職ではM&Aや投資実行ありきの仕事しかしておらず、リスクだけを指摘して終わっていたのではないかなと思います。ですが、それは自分達のリスクヘッジにしかなっていないなと今は思います。この案件を通して、リスクを指摘することは当然重要ですが、そのリスクを踏まえた上で買収した後のフォローまでアドバイスするなど、クライアントのビジネスを最後まで考えぬいて支援する重要性と面白さを感じることができました。M&Aや投資をすることはあくまで手段ですから、クライアントの立場に立った時に、本当に意味のあるM&Aなのかどうかを判断するのはとても重要だと思います。GWPでは、M&Aのプロフェッショナルチームとして、こういったスタンスが当たり前に根付いていると感じましたね。

パソコンの資料に目を通す堀尾 直也
笑顔で腕組みをする堀尾 直也
外出先で電話をする堀尾 直也
あたたかくたくましい手の表情

雰囲気のいい稀なファーム

GWPに入って印象的だったのは、職階に関係なく挨拶がある会社だなと思いました。前職のファームでは、挨拶がないことが多く、上司や同僚との和気藹々としたコミュニケーションはありませんでした。それに比べて、GWPはマネジメントとの心理的、物理的距離が近いと思います。本当にフラット。こんなに雰囲気のよい会社は他にないと思います。
またスタッフが、多様な役割を担っていることも特徴だと思います。組織が縦割りではないので、業務を通していろいろなことを聞き合う中で、人的にも知識的にも多くの交流ができています。自己研鑽は当然必須ですが、M&A業界特有の殺伐とした空気や圧力を感じることは全くなく、社内SNSでもよくナレッジ共有が行われていますし、定期的に社内の勉強会もありますね。

会社も自分も新たな領域へ

FA事業部では、今後、クロスボーダーの強化やベンチャー企業の資金調達支援など、幅広く新たな領域を増やしていく予定です。今ある既存サービスに固執にするつもりは全くないですね。そういった意味でも、既存のサービスでスキルを磨きながら新しい挑戦をする上ではとてもいい環境だなと思います。
私自身、将来は独立をしてみたいとも考えています。正直、今でも、DDやVAL、TAXをやることで独立はできるかなとは思いますが、ただのM&Aアドバイザーとして独立するのは面白くないので、M&A以外の“何か”と組み合わせてみたいなと思っています。自分で新しい領域を切り拓いていきたいですね。その意味でもGWPに貢献しながら、多くの経験や人脈を培っていきたいと思います。

誠実な眼差しの堀尾 直也

It’s my days

  • 社内で談笑する様子
  • 書架の前で念入りに資料を読む堀尾 直也
  • 社外を颯爽と歩く
  • 会議室で昵懇の取引先と会話する

It’s my Career

  1. 大学卒業後、公認会計士試験に合格、大手監査法人に就職。

  2. 大手上場企業を対象に監査業務に従事したのち、M&A部署に異動、デューデリジェンス業務を担当。

  3. 大手M&Aファームに転職、デューデリジェンスを中心に組織再編支援を担当。台湾駐在も経験。

  4. 当社入社後、国内外のM&AにおけるFA、DD、VALなどM&Aプロセス全体の業務推進を主導。

Back to index