1. HOME
  2. サービス案内
  3. M&Aアドバイザリー
  4. ストラクチャー設計/スケジュール策定サポート

サービス案内

ストラクチャー設計/スケジュール策定サポート

ストラクチャー設計・スケジュール策定でM&Aの成功を支援

豊富な経験を基礎とし、税務、会社法・金融商品取引法における開示、会社法上の手続き等を総合的に勘案し、買手および売手の双方のステークホルダーにとって最適なストラクチャーをご提案いたします。
例えば、

・売手が非公開企業のオーナーの場合には、事業承継対策を絡めたオーナーの税務

・上場企業のノンコア事業の売却の場合には、売手企業の税務や開示上の対策

・TOBのケースでは、買手・売手双方の法定手続や適時開示のタイミング、のれんの
会計処理等の会計・税務上の諸問題

・買手がIFRS適用会社の場合には、対象会社における日本基準とのGAAP分析

など、会計・税務の両面を考慮してストラクチャーを設計し、スケジュールに落としていく必要があります。

また、ターゲット事業に含み損や税務上の繰越欠損が存在する場合には、適格組織再編の要件を満たして繰越欠損金を利用できるストラクチャーを構築したり、ケースによっては敢えて非適格組織再編として、税務上ののれんを認識し、税務上も損金算入可能なのれんを計上することでタックスメリットを享受することも検討する必要があります。

このように、ビジネスプロセスやステークホルダーなどへの影響を考慮したストラクチャー設計やM&Aスケジュールを策定することにより、スムースなM&Aの実行をサポートいたします。

  • 支援実績
  • REQUEST
  • CONTACT
  • M&Aアドバイザリー一覧に戻る

関連事例

関連レポート

MBOスキームによる資金調達と経営権の確保
最後にMBOにおける経営権の確保について述べます。MBOにおいては、調達金額と経営権の確保には強い相関関係があるため、原点に立ち戻って、何故MBOをするのか、MBOによりどのような経営を行うのか、とい… [続く]
ベンチャー企業の成長手段としてのM&A
「M&Aで企業を成長させる」と聞くと、買収側の話のようですが、今回は売却側の話です。2012年の後半あたりから、上場企業などがアーリーステージのベンチャー企業を買収する(もしくは一部出資する)… [続く]
M&Aの手法
単独または複数で、完全親会社を設立するために、完全親会社となる会社と株式を交換すること。結果として自らは完全子会社となる。 利用ケース 上場企業が同業他社との経営統合を目的として、共同持ち株会社を… [続く]

グローウィン・パートナーズは、大手監査法人のM&A支援業務・上場支援業務や、事業会社のCFO業務等に従事してきた、経験豊富な公認会計士を中心とした財務・会計のプロフェッショナル集団です。有用、かつ、実務的なサービス提供を特徴とし、ハイクオリティ、かつ価値あるサービスを提供いたします。

このページの先頭