取得価額配分(PPA)

SCROLL

取得価額の資産・負債への配分において、無形資産の識別・評価をサポート

M&A実行フェーズにおけるPPAシミュレーション(Pre-Closing PPA)

M&A検討段階にPPAを実施することで、計上される可能性がある無形資産の種類と配分額、のれん金額、及び配分された各無形資産の償却負担の影響を推定することにより、M&A 実行後の損益計算書に与える損益インパクト等を分析した上で、買収価額の検討を行うことが可能となります。

M&Aを進めていく中で、買収後の会計数値をシミュレーションすることはM&A実行の判断及び買収価額の決定においても極めて重要な情報となります。

グローウィン・パートナーズでは、豊富な経験に基づき、M&A案件の検討段階から実行後の会計数値をシミュレーションし、M&Aに関する意思決定を適切にサポートいたします。

M&A実行後のPPAによる会計処理サポート

PPAは、買収企業側の財務諸表に重要な影響を与えるため、会計監査を実施する監査法人の関心も高くなっています。

実務上は特に、配分される無形資産の種類の識別と評価が重要であり、評価技術のみならず、監査法人との事前協議や監査プロセスでの対応などがPPAを円滑に実施するためのポイントになります。

グローウィン・パートナーズは、大手監査法人出身者による豊富な経験に基づき無形資産の価値評価ときめ細かい監査対応を行い、M&A実行後のPPAによる会計処理をサポートいたします。

PAGE TOP