Strengths

  • データドリブン経営の実現に向けた、ERPの導入・活用を全般的にサポート

    不確実性が増す現代では、経営者が正しく戦略的な意思決定を行うために、データの正しい活用が求められます。企業の成長のためには、経営情報のデータ活用に向けた基盤整備が必須といえます。
    私たちは、ERPシステムの導入目的の明確化、プロジェクトロードマップの策定、業務棚卸とAs-Is /To-Be分析、RFP作成とシステム選定、予算策定、PMOとしてのベンダーコントロール、BPR、システム導入後の運用推進など、ERPの導入・運用を全般的にサポートし、バックオフィスのDX化を推進いたします。

  • 「経営・会計数値 × ERP活用 × 業務設計」を掛け合わせた専門性

    私たちは、会計を軸とした専門性から、クライアントの経営情報を俯瞰で把握し、経営数値をもって経営者と対話ができる専門家集団です。多くの上場企業の経営管理体制を構築してきたノウハウで、最適なERPの活用方法を提案し、現実的かつ具体的な業務フローの設計を得意としております。経営視点と現場視点、双方の要求を満たすソリューションを提供いたします。

  • Fit to Standard アプローチで業務標準化とデータ活用を同時に実現

    激しい変化を前提とした経営環境下において、基幹システムは業務に合わせて個別に開発するのではなく、クラウドERPに合わせて業務プロセスを変更し、統合されたデータを活用することが主流になりつつあります。私たちはSIerではありません。事業成長による変更やERPシステムのアップデートのたびに追加開発を行うのではなく、業務を標準化することで、迅速かつ正確な経営データを蓄積・分析し、戦略的な経営判断に生かす方法をクライアントと共に考えます。

Service

  • 業務効率化支援

    先進的なIT技術やソリューションを利用することで、バックオフィス業務の標準化・効率化を行い、ブラックボックスを解消し、最適な業務プロセスの構築を実現します。また、運用時には、PDCAサイクルを繰り返すだけでなく、上場企業にも対応可能なBPOサービスを効果的に活用することで、業務の継続性を担保します。

  • IT化構想・RFI策定支援

    経営者の戦略的な意思決定のサポートと企業価値最大化に向けた、IT化の方針を策定いたします。クライアントが実現したい未来に向けた現状分析をおこない、IT化構想、IT投資計画を経て、システムの調達・導入・保守までの一連を支援いたします。

  • システム選定・RFP策定支援

    単一事業のみならず、複数事業を有する企業やグループ連結企業までを対象に、バックオフィス効率化を主眼にしたシステム選定とRFP策定を支援いたします。運用フェーズを見据えてクライアントの業務課題の調査やデータ活用の拡大を狙うことで企業の実情を加味したシステム選定やRFP策定を実施いたします。

  • システム導入PMO支援

    コンサルティングの知識とシステムの導入知識の双方を活かしながら、各関係者との合意、問題点の洗い出しなど、プロジェクトを成功に導くためのマネジメントを支援いたします。

Case Study