Strengths

  • 「なぜ実行するのか?」M&A戦略と本質的に向き合う

    「そのM&Aは、なぜ実行するのか?」ご依頼いただいたM&A戦略を支援する際、私たちは必ずお伺いしています。会社の規模を問わず、M&Aは事業戦略を遂行するための重要な選択肢ですが、あくまでも手段であるはずのM&Aが目的化してしまうことは多々あります。
    私たちが共に考えるのは、クライアントの「成長と成功」の未来です。経営参謀として、M&A戦略の本質的な意義をディスカッションし、目指すべきゴールを共有することからサポートします。

  • M&A戦略の立案・ディール実行支援・PMIまで、シームレスなサービスを

    M&A戦略から対象企業のソーシング、交渉、ディールストラクチャーの設計、基本合意書の作成サポート、デューディリジェンス、企業価値評価、最終条件の検討まで、包括的かつ最高水準のアドバイザリーサービスを提供します。さらに、PMI段階ではPPA(Purchase Price Allocation:取得原価の配分)、PMO支援、経理財務部門・人事部門における業務設計、内部統制制度の構築など、ワンストップで必要に応じたサービスを的確に提供いたします。

  • 豊富な実績に裏打ちされた、最高水準のM&Aアドバイザリーサービス

    私たちは、2005年の創業以来、700件以上のM&Aのサポートを続けてまいりました。LSEG (ロンドン証券取引所グループ)(旧リフィニティブ・ジャパン株式会社)発表の「日本中規模市場M&Aリーグテーブル」において、TOBなど公表M&A案件におけるファイナンシャル・アドバイザーランキングで、2009年以降15年連続ランクインする実績を有しております。

Service

  • M&A戦略立案支援

    クライアントの企業価値最大化に向けた経営戦略や事業戦略を明確にし、事業成長・事業領域拡大や戦略的な事業売却を含めた事業ポートフォリオの再構築を実現するために必要となるM&A戦略を策定します。

  • ディールオリジネーション

    豊富なM&A支援実績から得たリサーチ能力とネットワークに基づき、最適な対象会社の選定とアプローチを支援。FA契約・仲介契約いずれも対応でき、丁寧なディスカッションを通じて確度の高いM&Aを目指します。

  • M&Aストラクチャー設計

    永年のM&A支援で培った知見により、会社法・金融商品取引法・証券取引所規則・会計・税務などを総合的に勘案し、売り手・買い手双方のステークホルダーにとって最適なディールストラクチャーを設計します。

  • デューディリジェンス

    広い知見を有するチームを組成し、ビジネス・財務会計・税務・人事労務・クロスボーダーに関わるビジネス上の課題を網羅的に調査します。対象企業のビジネス上の問題や、管理体制・事業運営上の課題を抽出し、買収実行の判断や買収後の統合を支援します。

  • 企業価値評価・財務モデリング

    上場企業のTOBの株式価値算定、合併・株式交換・分割比率算定等の評価実績が示す信頼性ある独理算定機関として、公正な価値評価をいたします。また、判断の基礎となる事業計画について、業界特性や事業規模を勘案した適切なKPIを設定し、多面的なシミュレーションができる財務モデルの構築を支援します。

  • 無形資産評価(PPA)

    M&Aの取得価額の資産・負債への配分において、企業結合会計に則して無形資産の識別・評価と配分額、のれん金額、各無形資産の償却額を評価・算定いたします。M&A 実行前にの損益インパクトを分析するPre-Closing PPAから、実行後の会計処理、監査法人対応まで一貫してきめ細やかにサポートいたします。

Case Study

  • 岩崎通信機株式会社

    [東証プライム:6704]

    M&A戦略
  • ヤマトホールディングス株式会社

    [東証プライム:9064]

    M&A戦略