コーポレートサイトリニューアルのお知らせ

セクションタイトル

来年の創業20周年を見据え、当社のホームページをリニューアルいたしました。
今回のリニューアルでは、サービス紹介の方法を一新し、「どのようなサービスを提供するか」
ではなく「どのような経営課題(マネジメントテーマ)を共に解決するか」という視点でサービスをご紹介し、皆様にお伝えしたい経営参謀としての想いを記載しております。

お客様に寄り添い、揺るぎないパートナーシップを築き上げてきた、私たちの人柄や雰囲気も感じ取っていただければ幸いです。

ぜひ新しくなった当社のホームページをご覧ください。
引き続き、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
https://www.growin.jp/

「FOODEX JAPAN 2024(第 49 回 国際食品・飲料展)」に出展いたします。

セクションタイトル

2024年3月5日(火)~8日(金)に東京ビックサイトにて開催される「FOODEX JAPAN 2024(第 49 回 国際食品・飲料展)」にタナベコンサルティンググループ(TCG)の一員として参加いたします。

日本企業が持続的成長を続けるためには、グローバル戦略の検討は避けて通れません。タナベコンサルティンググループのお客様からも、国内需要の縮小に伴い、食品関連企業からの海外進出・展開の相談をいただく機会が増えております。
今回出展する「FOODEX JAPAN 2024(第 49 回 国際食品・飲料展)」では、海外戦略の策定から進出まで企業の海外展開をトータルで支援するソリューションをご紹介いたします。出展ブースでは、コンサルティング事例をご紹介するほか、海外展開について直接当社のコンサルタントにご相談いただくことが可能です。また、タナベコンサルティンググループのブースの限定企画として、海外拠点での採用基準・適正を見える化するアセスメント「GLOBAL HR KARTE」(英語・インドネシア語に対応)の無料判定を実施します。海外展開・プロモーション・販路開拓(越境 EC 含む)を検討されている方は、ぜひ当社ブースへお立ち寄りください。

【イベント】FOODEX JAPAN 2024(第 49 回 国際食品・飲料展)

【日  時】 2024 年 3 月 5 日(火)~8 日(金)10:00~17:00(最終日は 16:30 まで)

【会  場】東京ビッグサイト 西展示棟 1・2 ホール
出展ゾーン:情報・サービス
ブース番号:AT1-A12

【参加費用】無料(事前登録制)

【お申込み】本イベントの詳細・お申し込みは、こちら をご覧ください。

【お問合せ先】その他ご不明点等ございましたらご連絡ください。 seminar@growin.jp

2023年日本 中規模市場 M&Aレビューにランクイン(15年連続)いたしました。

セクションタイトル

グローウィン・パートナーズ株式会社は、LSEG(旧リフィニィティブ)が2024年1月に発表した「日本 中規模市場 M&Aレビュー」にランキングされました。弊社のランクインは2009年以降15年連続となります。

ランクイン項目については下記のようになりました。

・ 国内市場の0.5億米ドル以下公表M&A案件におけるファイナンシャル・アドバイザリーランキング
ランクバリューベース   24位

・ 国内市場の0.5億米ドル以下公表M&A案件におけるファイナンシャル・アドバイザリーランキング
案件ベース        20位

・国内市場の5億米ドル以下公表M&A案件におけるファイナンシャル・アドバイザリーランキング
案件ベース        22位

詳細については下記リンクをご覧ください。
日本 中規模市場 M&Aランキング

OracleNetSuiteソリューションプロバイダープログラム参加のお知らせ

セクションタイトル

グローウィン・パートナーズ株式会社、(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:佐野 哲哉、以下「グローウィン・パートナーズ」)は本日、Oracle NetSuiteソリューションプロバイダープログラムへの参加を発表しました。NetSuiteを活用できるようになることで、グローウィン・パートナーズの顧客は強力なクラウドERPシステムを利用できるようになり、適応と成長に求められる可視性とコントロールを手にすることになります。

グローウィン・パートナーズ株式会社 代表取締役CEO 佐野哲哉のコメントは以下の通りです。

「経営環境が大きく変化するVUCA時代において、企業が持続的な成長を実現するためには、数値による経営の可視化は必須課題と言えます。今回のパートナー契約の締結により、グローウィン・パートナーズが得意とする「経営・会計数値 × ERP × 業務プロセスの最適化」に関するナレッジとNetSuiteを融合させ、クライアントに強固な経営基盤を構築いたします。当社は、企業を支える経営参謀のプロフェッショナルチームとして、企業の変革を支援します。」

グローウィン・パートナーズは、本プログラムに参加することで、サービス業・物流業・商社を筆頭とする、M&A等を活用した成長戦略を描く企業に向けたNetSuiteのプロモーション、導入、カスタマイズを、同社の豊富な経験を活かしながら行うことができるようになります。NetSuiteソリューションプロバイダープログラムでは、さまざまなな機能の活用や権限付与が可能になる一連のアクティビティに対するアクセスが提供され、NetSuiteパートナーはこれを活用することで、新たな収益の機会を創出することができます。NetSuiteのパートナーは、ERP、在庫管理、CRM、eコマースなど、スイートのあらゆる面を活用することができます。さらに、グローウィン・パートナーズは、NetSuiteのパートナー支援サービスである「SuiteLife」にも参加します。SuiteLifeは、パートナーのオンボーディングを加速し、多層的なエンゲージメントやサポートとともに、NetSuiteベストプラクティスへのアクセスを提供するものです。

日本オラクル株式会社バイスプレジデント NetSuite事業統括 カントリーマネージャーである渋谷由貴は、次のように述べています。「NetSuiteソリューションプロバイダープログラムとSuiteLifeイニシアチブへのグローウィン・パートナーズの参加を歓迎いたします。グローウィン・パートナーズのチームと協力し、同社の専門性とOracle NetSuiteの堅牢なテクノロジースイートを組み合わせ、グローウィン・パートナーズにとっての新たな収益機会を創り出し、顧客の相互成功を達成する事を楽しみにしています。」

NetSuiteソリューションプロバイダープログラムについて

NetSuiteソリューションプロバイダープログラムは、NetSuiteパートナーが拡大するクラウドERPのニーズを活してビジネスを拡大することを可能にします。パートナーは本プログラムの一環として、戦略的実践計画、さまざまな機能領域をカバーする対面およびオンデマンドのトレーニング、顧客獲得から成功までのライフサイクル全体をカバーするアセットとベストプラクティスを利用できるようになります。また、ERP、在庫管理、CRM、eコマースをカバーした、NetSuiteが提供する堅牢なクラウドシステムが、パートナーの適応と成長をサポートします。NetSuiteパートナーとなることで、技術的問題の解決に要する時間を削減し、ビジネス課題の解決により多くの時間を投入できるようになり、顧客の成長支援が実現します。

グローウィン・パートナーズ株式会社について

大手監査法人出身の公認会計士、上場企業の財務経理経験者、大手コンサルファーム出身者など多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナル集団。上場企業クライアントを中心に設立以来600件以上のM&Aサポート実績を誇るフィナンシャル・アドバイザリー事業、「経営・会計数値×ERP×業務設計力」で中堅企業向けに経理・財務部門の業務プロセス改革コンサルティングを行うAccounting Tech® Solution事業、企業の人財戦略の策定を支援し、IT活用を含む業務改革を推進する人事コンサルティング事業、ベンチャーキャピタル事業、の4つの事業領域で、「プロの経営参謀」としてクライアントを成長(Growth)と成功(Win)に導くサービスを展開している。

商標について

Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

リリースについて
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000042461.html

サービス内容について
https://lp.growin.jp/netsuite

 

年末年始の営業のご案内

セクションタイトル

平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申しあげます。

グローウィン・パートナーズ株式会社の年末年始の営業日につきまして下記のとおりお知らせいたします。
皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

年内の最終営業日 2023年12月27日(水)

年始の営業開始日 2024年 1月 5日(金)

「グループマネジメントシステム構築コンサルティング」リニューアル及び協業のお知らせ

セクションタイトル

当社は株式会社タナベコンサルティングが提供する「グループマネジメントシステム構築コンサルティング」のリニューアルに伴い、タナベコンサルティンググループ(TCG)の一員として協業することになりましたのでお知らせいたします。また、本サービスは、株式会社マネーフォワード(本社:東京港区、代表取締役 CEO:辻 庸介)を加えた3社の連携により新たな価値をご提供できるようになりました。

 

「グループマネジメントシステム構築コンサルティング」について
複数の企業(事業)がグループとして活動することにより競争力を高める経営スタイルを示す「グループ経営」において、実現したい目的を反映したグループマネジメントシステムを整備し、継続的な運用を行うことで、クライアントの中期経営計画達成に向けた事業拡大を支える仕組みを構築いたします。
フェーズⅠでは現状認識として、グループ本社と事業会社における課題を明確にし、検討・整備すべき点を示します。フェーズⅡでは、現状認識からグループ全体の業績マネジメント体制構築、グループCMS構築、グループ人材マネジメント体制構築などグループマネジメントシステム設計の最適なプランをデザインし、提言いたします。フェーズⅢでは、グループ管理会計システムの運用、グループCMS・業績マネジメントの運用、採用・育成・タレントマネジメントの運用準備、実行支援によるフォーマットの見直しやフローの見直しなどを支援し、グループマネジメント体制の運用・定着化を目指します。

尚、今回のリニューアルでは、フェーズIIで設計するグループ経営管理の仕組みの基盤となる経営管理情報会計システムとして、株式会社マネーフォワードの「マネーフォワード クラウド連結会計」を導入し、グループ管理会計や業績マネジメントをデジタルで実装するサポートが可能となりました。

詳細につきましては下記をご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000058707.html

 

■タナベコンサルティンググループについて
タナベコンサルティンググループ(TCG)は、1957年(昭和32年)に創業し、創業60年を超える日本の経営コンサルティングのパイオニアです。「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」という経営理念のもと、現在地から未来の社会に向けた貢献価値として、「その決断を、愛でささえる、世界を変える。」というパーパスを定めています。

「サービス業 DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」協業のお知らせ

セクションタイトル

当社は株式会社タナベコンサルティングが提供する「サービス業 DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」においてタナベコンサルティンググループ(TCG)の一員として協業することになりましたのでお知らせいたします。

外部環境の変化が著しく、かつ予測不可能な状況の中、経営には一層のスピードが求められます。適宜適切に持続的な成長を実現する経営判断を下すためには、リアルタイムの情報把握とデータ活用が必須です。特にサービス業では、業務システムの乱立によりデータが一元管理されていないため、上流から下流に至るまでデータの整合性が一貫して確保されておらず、データの有効活用には遠い状態といった企業が多いことが実情です。
このような環境下で”経営の効率化”を実現するためにはERPによる統合型データベースで管理されたデータを効果的に分析・活用し、機動的な業績把握・事業変革への行動が実行可能な体制を構築することが必要となります。

本サービスは、ERP(日本オラクル株式会社「NetSuite」)導入によるデータの統合管理と、データの有効活用に向けた運用体制を構築することで、企業成長に向けたチェンジマネジメントやビジネスモデルの変革を目指すコンサルティングサービスです。
DXによるビジネスモデル変革を実現するためには、ERP導入を前提としたグローバルレベルでの効率的・標準的なビジネス(業務)プロセスの構築が有効です。現場部門において、現行の業務フローの可視化を通じた現状把握、及び問題点の抽出を行うとともに改善の方向性を仮説ベースで検討し、実現に向けた課題の整理を行います。
タナベコンサルティングによる中期経営計画・事業戦略策定コンサルティングに、当社の会計・人事・IT(ERP)コンサルティングサービスが加わることで、総合的なチームコンサルティングが可能。クライアントのDX実現による企業成長を支援いたします。

詳細につきましては下記をご覧ください。
https://www.tanabeconsulting.co.jp/en/dx/service/detail16.html

■タナベコンサルティンググループについて
タナベコンサルティンググループ(TCG)は、全国の企業の戦略策定(上流工程)から現場における DX サービス等の実装・実行支援(中流~下流)まで、企業経営を一気通貫で支援できる「経営コンサルティングバリューチェーン」を提供しています。

新サービス 経営を未来へとつなぐ「MIRAI承継」 提供開始のお知らせ

セクションタイトル

グローウィン・パートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:佐野 哲哉、以下「グローウィン・パートナーズ」)はタナベコンサルティンググループ(TCG)として、株式会社タナベコンサルティング(本社:東京都千代田区・大阪市淀川区、代表取締役社長:若松 孝彦、以下「タナベコンサルティング」)と経営を未来へとつなぐ「MIRAI承継」の提供を開始いたします。

開発の背景
中小企業庁の調査によると、2025年には日本の6割以上の経営者が70歳を超え、後継者不在の企業は約127万社にのぼるとされております。また、近年は創業家が経営権を代々継承するスタイルではなく、社長を社内から登用したり、外部から招聘したりする「所有と経営の分離」スタイルも増えております。
価値観が大きく変化している現代においても、企業の存在目的は「より良く存続していくこと」。TCGは、クライアント企業が100年先も顧客から一番に選ばれる企業(ファーストコールカンパニー)へと進化していくために、事業を引き継ぐだけではなく、企業がどう成長し、つなぎ、渡していくかを経営目線で捉え、未来を描く支援「MIRAI承継」の提供を開始いたします。

「MIRAI承継」について
「MIRAI承継」は、100年先を見据え「経営を未来へとつなぐ」ソリューションサービスです。
「パーパス・ミッション・ビジョン・バリュー構築支援」「中長期ビジョン構築支援(事業ポートフォリオ構築)」「事業再構築支援(企業再生支援)」「事業承継診断(資本政策・承継カレンダー)」「後継者育成(ジュニアボード推進支援・サクセッションプラン策定支援・後継経営者スクール)」「ホールディングス体制構築支援」「グループ経営システム構築支援」「M&A(FA・仲介)」「PMI(経営統合)支援」など、事業承継のあらゆるステージにおいて、資本の承継だけではなく、事業・組織・人材・経営システムなど経営全体をデザインし、最適なソリューションを提供いたします。
オーナー経営者の個人事情(親族承継や節税など)の優先順位が高い事業承継から、組織が成長し続ける仕組みを構築し、企業価値の向上に注力することで、経営を未来に承継していく「MIRAI承継」をTCGで支援いたします。

M&A仲介に本格参入
今回の「MIRAI承継」の提供開始に伴い、当社グループはM&A仲介業務へ本格参入いたします。
当社グループは、「唯一無二のM&A一貫コンサルティング」でクライアント企業を支援しております。直近では、ロンドン証券取引所グループ傘下のRefinitiv(リフィニティブ)発表の「日本M&Aレビュー 2023年 上半期」(2023年1月1日から2023年6月30日の期間に公表された案件が対象)にタナベコンサルティングおよびグローウィン・パートナーズがランクインしております。「MIRAI承継」として支援の幅を広げるために、従来のファイナンシャルアドバイザリー業務に加えて仲介業務にも本格的に参入し、クライアント企業の経営を未来につなぐ支援を拡大してまいります。

メッセージ
(1)株式会社タナベコンサルティンググループ 代表取締役社長 若松 孝彦
当社グループは、経営コンサルティングを通じて、クライアントが「100年先も顧客から一番に選ばれる企業(ファーストコールカンパニー)」へと進化することを支援しております。中でも事業承継は「最大の事業戦略」です。経営を未来へと繋ぐソリューションとして、事業、組織、資本などの承継課題を全方位で支援いたします。「MIRAI承継プロジェクト」に参画いただき、ともに未来を創っていきましょう。

(2)グローウィン・パートナーズ株式会社 代表取締役 CEO 佐野 哲哉 氏
「MIRAI承継」は経営者の想いを幾世代にも渡って承継し、企業価値を向上し続ける、というコンセプトです。“事業承継=M&A・相続税対策”ではありません。当社はTCGに参画し、自ら「MIRAI承継」を実践している会社です。一人でも多くの経営者にこの選択肢を知っていただき、経営を未来へと繋ぐ支援をしてまいりたいと考えております。

サービス詳細につきましては以下ご参照ください。
https://www.tanabeconsulting.co.jp/service/mirai.html

「グローバル戦略構築に関する相談会」株式会社タナベコンサルティングとの合同実施のお知らせ

セクションタイトル

国内市場の縮小が進む日本において、日本企業が成長していくためには、グローバル戦略は欠かせず、そのグローバル戦略を描くためには、海外情勢の変化に伴う海外事業ポートフォリオの強化及び、再編を進めることが重要となっています。そのため、グローバル・ビジョンのアップデートと、それに基づく長期視点のグローバル戦略をデザインすることが、日本企業の成長戦略の鍵となります。

新たな海外進出、輸出の拡大、海外拠点再編、海外M&Aなど個別の課題をお持ちの場合や、グローバル戦略をじっくり考えてみたい方や、グローバル案件の専門コンサルタントと課題を共有しVUCAの時代を乗り切りませんか。

グローバル戦略でお悩みの方に、グローバル戦略の考え方や進め方から具体的な戦略まで、グローバル戦略にかかわる様々なお悩みをお伺いいたします。8月31日までの期間限定で、オンラインでの無料の相談会となりますので、お気軽にお申し込みください。

詳細やお申込みにつきましては終了しました。

 

【コンサルタント紹介】

●フィナンシャル・アドバイザリー事業部 海外FA部 部長 田内 恒治
日本の貿易投資促進機関での米国駐在、内閣官房出向などを経て、シンクタンク・コンサルティングファームにて東南アジアの事業拡大に従事。アジア欧米の幅広いネットワークと知見を活用した海外戦略立案から、パートナー探索、クロスボーダーM&A、戦略的資本提携の実施まで、一気通貫で支援を実施。グローウィン・パートナーズ入社後はクロスボーダーM&A、海外戦略立案コンサルティング案件を多数指揮している。

 

●株式会社タナベコンサルティング 取締役 村上 幸一
VCにおいて投資先ベンチャー企業の戦略立案、マーケティング、フィジビリティスタディ(事業性評価)など多様な業務に従事。豪州での現地工場の設立と運営、米国の大学とのTLO(技術・特許移転)を通じた大学発ベンチャー企業の日本市場開拓支援など、国境を越えた産学連携の実績を有する。タナベコンサルティング入社後は、事業戦略策定を軸に、ビジネスモデルの立案、新規事業開拓支援、M&Aにおけるビジネスデューデリジェンスなど多岐にわたるコンサルティングに従事。戦略コンサルティング事業部の東京担当役員。

本社移転のお知らせ

セクションタイトル

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度オフィスを5月8日付で移転させて頂く事になりましたので、お知らせいたします。併せて代表電話番号も変更となりますので、ご確認のほど宜しくお願い致します。

これを機に社員一同、より一層社業に専心すると共に、「当社に関わる全ての人の成長と成功を支援するパートナー」として邁進してまいります。

なお、この度の移転の祝花につきましては、SDGsの取り組みとして、「本当に必要なもの」を贈り贈られる「matomeru」に賛同し、窓口を設けさせていただきました。申込サイトよりご依頼いただければ、幸甚でございます。

■新オフィス
・新住所:〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー14F
・新電話番号:03-6272-4707
・営業開始日:2023年5月8日(月)

■祝い花 受付サイト with Hana (株式会社グリーンロード)
URL:https://with-hana.jp/flower-reception/Growin_Partner