FAQ

FAQ

よくあるご質問

FAQ

仕事について

各サービスの他社との違いは何ですか?

Financial Advisory事業部の場合

M&Aに関わる全てのプロセスをワンチームで一気通貫にサポートすることが出来るため、M&Aの全プロセスに関与することができます。また、アドバイザリー業務の内、海外案件が約半分と、多くのクロスボーダーM&Aに関われることが最大の特徴です。

ー 社員の声

  • 一般的なM&Aファームではフィナンシャルアドバイザリー(以下、Financial Advisory)やDD、VAL、TAX、PMIと、サービス毎に組織が完全に縦割りになっていることが多いのですが、GWPではトータル的にM&A全体に関わることができる点が非常に魅力的でした。社員インタビュー
  • 若い年次のうちから、自分の努力と熱意次第で、多くの業務範囲を任されることや、インタビューや報告会などでお客様と直接リレーションをとることができる環境は、大きな魅力に感じています。社員インタビュー
  • バックオフィスのPMIについて、Financial Advisory事業部とAccounting Tech事業部で連携してサービスを提供しています。直近では労務人事PMIも実施しています。

Accounting Tech事業部の場合

公認会計士、事業会社のCFO・経営企画・経理財務・人事部門出身者、戦略・IT コンサルティングファーム、大手会計システム会社出身者など、戦略・業務・ITを知り尽くしたバックオフィス業務改革のプロフェッショナルがワンチームで事業経営を総合的な視点でサポートすることが最大の特徴です。特定のソリューション(製品、サービス、手法など)に縛られることなく、お客様の経営課題の解決に真正面から向き合うことができます。

ー 社員の声

  • 100億から5000億の上場企業向けに、経理・財務部門の分野を専門としてコンサルティングを提供している会社が他に見られず、コンペになることもあまりないですね。
  • 最後は、自社システムや提携しているシステムに必ず結び付けなければならないなどのしがらみがなく、幅広く効果の高い提案ができます。予算やシステムありきでなく、ときに当初の前提を覆すこともありました。

Venture Capital事業部の場合

経営参謀のプロフェッショナルチームとしての実績と実力があるからこそ得られる、ベンチャーキャピタルとしての圧倒的な信頼が最大の特徴です。

ー 社員の声

  • 特にGWPが喜ばれるのが、経営管理のプロフェッショナルのメンバーが社内に多くいることです。社員インタビュー

クライアントの規模はどのようなものが多いのですか?

弊社のお客様の大半は上場企業及びそのグループ会社となっております。
売上高1兆円を超えるお客様もいらっしゃいますが、中心帯は売上高100億円~5,000億円規模の上場中堅企業のお客様となっています。事業の多角化やグローバル展開などにより、大きな変革を進めている成長期にある企業様のご支援をさせて頂くケースが多くなっております。CASE STUDY参照

プロジェクトのチーム人数は何人くらいですか?

案件の難易度や規模によって、チーム構成は多種多様です。
Financial Advisory事業部では、1つのプロジェクトを3名程度で担当することが多いです。プロジェクトの規模や難易度に応じて、スタッフを増強したり、協力会社や海外の現地ファームと連携して動くことも多くあります。
Accounting Tech 事業部では、3~4名で担当するプロジェクトが多くなっています。大規模の案件の場合は、3~4名のチームを2,3構成した総勢10名を超える体制で取り組むプロジェクトもあります。

プロジェクトの期間はどのようなものが多いですか?

プロジェクトの期間は、案件により多種多様です。
Financial Advisory 事業部では、数か月から1年以上にわたるアドバイザリーのプロジェクトもありますし、数週間から1か月程度かけて実施するデューデリジェンスや企業価値評価のプロジェクトなどもあります。
Accounting Tech 事業部では、複数年にわたるようなプロジェクトであってもフェーズを分けて行うため、1フェーズ2~3カ月程度の案件が中心となっております。

同時並行でどのくらいの案件に関わりますか?

平均的な難易度と規模の案件の場合、2~3案件を同時並行で担当することが多くなっております。

未経験者は最初にどのような案件に携わりますか?

ご本人の希望や今までのキャリアを鑑みながら、挑戦しやすいプロジェクトを優先的にアサインしています。Accounting Tech事業部では、比較的標準化されたパッケージサービスの導入プロジェクトから始める場合もありますし、高度なコンサルティング案件の提案からスタートする場合もあります。

ー 社員の声

  • 入社後、上場企業の経理業務の支援を2社担当しながら、経理部門全体の再構築や原価計算の仕組み作りなどの業務改善プロジェクトを複数担当しています。元々期待していた経理実務の能力を高めながら、業務改善を行えていますね。社員インタビュー
  • 会計分野へのチャレンジも大きなポイントでした。必死に会計用語や知識をキャッチアップしながらプロジェクトに取り組んでいます。社員インタビュー

働き方について

どのような働き方をされていますか?

弊社ではフレックスタイム制を採用しており、10時から16時をコアタイムとしています。また、Growin' Work という在宅勤務制度も整備しております。それによって、働き方改革による生産性向上を推進しております。時間ではなく価値で働くというカルチャーのもと、従業員の健康管理のため、労働時間管理は経営陣が中心となって行っております。プロジェクト事由によりやむなく休日出勤がある場合にも、同時に振替休日を申請するルールになっております。

ー 社員の声

  • 繁忙期には、お客様都合で残業が多くなることや休日出勤になることもありますね。ですが、休日出勤した際は振替休日を上司からの指示で取得しています。
  • プロジェクトの期間が短いため、残業や休日出勤で一気に片付けなくてはならないときがあります。その一方でプロジェクトとプロジェクトの間は、フレックスを活用して16時に帰宅したり、直帰したりしてバランスをとるようにしています。

勤務場所はどこですか?

赤坂見附にある本社オフィスが中心になります。本社から徒歩5分にあるグループ会社運営のサテライトオフィスも利用することが可能です。

ー 社員の声

  • クライアント先に訪問しミーティングや作業をすることも多いですね。訪問先は東京都内が多いですが、プロジェクトによっては横浜や埼玉など関東近郊や地方に行くこともあります。
  • 赤坂見附の本社で作業を行い、インタビューやレポーティングを行う際にクライアント先へ訪問しています。海外の案件ですとZoom等のWebミーティングを活用して効率的に仕事ができるようにしています。
  • サテライトオフィスをよく利用しています。カフェテイストのおしゃれな雰囲気のため、集中して作業ができます。

在宅勤務はできますか?

在宅勤務については、Growin' Workという制度名で2018年より運用されております。利用日数の上限もなく、時間単位での取得も可能です。
会社としても積極的に在宅勤務を利用するように促進しており、管理職を筆頭に制度を利用しています。
大雪や台風などによる交通機関の混乱が予想される場合や、震災や感染症の流行など有事の際には、会社として在宅勤務を原則とするケースもあります。

有給はどの程度取得されていますか?

会社として、有給休暇の取得を推奨しております。GWなどの大型連休や飛び石連休などに合わせて会社としての有給取得推奨日を設けるとともに、各部門ではプロジェクトとプロジェクトとの間に取得を促進するなどの対応をしております。
弊社では、有給休暇の取得は、役職に関係なく、リフレッシュや自己研鑽などPersonal Valueの向上に必要不可欠な大切な時間と考えています。

どのような服装で働いている方が多いですか?

社内においては、オフィスカジュアルの方が多いです。お客様の訪問時は、業種業界に応じたドレスコードに併せていただいています。
女性は、内勤の際はオフィスカジュアル、お客様先に伺う際はスーツを着られている方が多いです。

結婚、出産後はどのような働き方になりますか?

産前産後休暇、育児休暇、その後の復職について、会社として積極的に支援しています。本人もその家族も弊社のメンバーであり、その幸せを願っているため、ご本人の状況に応じて、柔軟に対応しております。

ー 社員の声

  • 社内結婚し、出産後育休取得中です。妊娠してから産休にはいるまで体調に合わせて働いていました。周囲のみなさんが身体を気遣ってくれたため産休、育休は大変取りやすかったです。(女性)
  • 1人目の子供が生まれる際に、産休・育休を取得しました。周囲のメンバーもプロジェクトの様子をみながら積極的に帰りやすい雰囲気をつくってくれました(男性)

フリーランスで働いている方はいらっしゃいますか?

個別プロジェクトにおいては、多くのフリーランスの方にご協力頂いております。GWPを卒業し独立後、在籍時の役割を継続しているメンバーや、大手企業の副業制度を利用して兼業で働いているメンバーなど様々な働き方をしている方もいらっしゃいます。正社員にこだわらずに様々な方に働いていただける会社を目指しています。

雰囲気について

どのような雰囲気の会社ですか?

役員、経営陣含めて階層関係なくフラットに声を掛け合う雰囲気です。理念にもある通り、関わる全ての人々の”成長”と”成功”を支援したいメンバーが多いので、いつでも、誰でも話を聞いてくれる雰囲気があります。

ー 社員の声

  • GWPに入って印象的だったのは、職階に関係なく挨拶がある会社だなと思いました。本当にフラット。こんなに雰囲気のよい会社は他にないと思います。社員インタビュー
  • どの部署の誰に聞いても作業の手を止めて話を聞いてくれるんです。コンサル会社って結構ギスギスした印象を持っていますが、GWPの雰囲気は全く違いますね。相手の成長を思って話してくれているのを感じます。社員インタビュー

大手企業に比べて裁量はありますか?

年齢や性別に関係なく、一人のProfessionalとして接する会社文化です。もちろん、まだ経験が足りずできないことなどもありますが、自ら率先して手を上げる人はチャンスがもらえます。先輩や上司に対して提案や相談をできる環境も整っています。

ー 社員の声

  • GWPは少数精鋭であり、M&Aのプロセスを1から10まで自ら実行できるフィールドに魅力を感じました。社員インタビュー
  • 仕事をどんどん任せてもらえそうだなと思ったことが決め手になり、入社を決めました。社員インタビュー
  • 努力・能力はもちろん必要ですが、積極的な人財には、アライアンス戦略の立案や新規事業のプランニングに関与することが出来ました。事業部門の中期経営計画の策定や人財育成などにも関与しています。

社員の提案により始まったサービスや制度などはありますか?

経営理念に沿うような事業やサービス、社内制度でしたら、積極的に受け入れています。Acccounting Tech®という言葉も新卒メンバーの提案から始まり商標登録し、事業部の名称にまで発展しておりますし、Growin' Work という在宅勤務制度も社員からの声をきっかけに検討が始まりました。

ー 社員の声

  • 前職時代の経験を活かして、人材紹介サービスを経営陣に提案しました。入社して2ヶ月で提案をしたのですが、経営陣への説明後、ぜひやろう!やってみて!となりました。社員インタビュー
  • 新サービス立ち上げを新卒入社である私たちが担当している事実が示す通り、GWPは「やりたい!」と手を挙げる、熱意とやる気のある人間には、どんどんチャンスを与えてくれる会社です。社員インタビュー

女性は活躍されていますか?

女性の活躍を推進しているとともに、是非経営幹部に参画頂きたいと考えております。実際に管理職として活躍しているメンバーもおります。
従来より年齢や性別、働き方にかかかわらず、魅力ある多様なメンバーが活躍できる環境を用意しております。
その中でも、女性の管理職及び幹部メンバーの育成は会社成長のために必須だと考え、内部昇格・社外からの登用含めて積極的に推進しております。

若手社員の育成はどのように考えていますか?

プロフェッショナルの経営参謀として「チャンス平等、結果不平等」という考え方を、若手社員にはよく伝えております。年功序列のない会社ですので、若手社員であっても分け隔てなく、個人の希望や成長速度に応じて、プロジェクトへのアサインを調整することが多くあります。成功、失敗に関わらず、結果に対して、建設的なフィードバックが得られるようプロジェクトごとの個別レビューも実施しております。

どのような人が活躍しやすい環境ですか?

万事我が事として、すべてに能動的に動ける人、変化を受容できる人が活躍しております。お客様の成長と成功を真剣に考え、お客様以上にお客様のことを考えたい方、自分の会社を自分の手で成長させたいと思っている方をお待ちしております。

ー 社員の声

  • GWPはあらゆる分野のプロが集まり、関わるすべてのお客様の「成長と成功」を本気で考えています。自分の利益が一番という人は一人もいません。まさにお客様のことを「我が事」で考えられる人向けの会社です。社員インタビュー
  • とにかく会社が変化していくので、それを受け入れられるか、楽しめるかどうかは重要だと思います。社員インタビュー
  • 自律したプロフェッショナルになりたい人や、経営を総合的に学び実行したい人、きちんとした専門性を備えつつ新しいことに挑戦したい人には最適だと思います。社員インタビュー

制度について

人事評価は、どのような形で行われますか?

弊社の人事考課制度は、年間の定量的な目標設定に基づく「目標管理評価」と、職位毎に設けられた行動特性に基づく「コンピテンシー評価」で行われます。
また、人事考課面談は、半期及び期末の2回行われます。期中においても、プロジェクト毎にフィードバック評価を行うプロジェクトレビューが行われ、日々の相談含め、社員のキャリア形成をサポートしております。
詳細については、面談にお越しの際にご確認下さい。

ー 社員の声

  • 案件関与者でない人間から形式的に評価されることはなく、レビューなど評価制度が充実し、案件関与者や上長から直接評価してもらえていると感じています。(Financial Advisory事業部 コンサルタント)

研修はどのようなものが行われていますか?

経営参謀に必要なスキルを幅広く習得できるような研修をご用意しております。CAREER参照

部署間の異動はできますか?

部署の異動の希望はお聞きしております。実際には、現在までの人事考課上の評価を勘案し、事業部長の推薦と部門間の協議に基づき決定されます。各事業部で求められる最低限のスキルを身に着けていることが必要です。

家賃補助はありますか?

弊社ではハッピーライフ(住宅補助)制度を設けております。
職位・年収の条件、また、通勤時間・定期料金等の条件がございます。

採用、受入について

面接はどのような方が担当しますか?

役員および事業部長が中心に担当します。現場社員とカジュアルにお話ををさせていただく場を設ける場合もあります。GWPのバリューやカルチャーについて、より理解を深めていただきたいと考えています。

選考は何回ですか?

通常2回の面接を行わせていただいております。面接に参加するメンバーの都合により回数が多くなるケースもございます。

選考ではどのようなことを重視していますか?

当社の理念、Purpose、行動指針(Pro-GRESS)に共感していただける方と一緒に働きたいと思っています。加えて、感受性と好奇心が強く、物事を多面的に考えることができる人に魅力を感じます。現状に満足することなく、常に向上心を持って仕事に取り組んで欲しいと思っています。

PRINCIPLEを参照

ZoomやSkypeなどWebでの面接は可能ですか?

1次選考及び最終選考前の面接のみ可能です。最終選考においては、直接お会いさせていただくことを前提にしております。

コンサルティングは未経験ですが、大丈夫ですか?

コンサルティング業界の経験がない方、特定の領域の経験やスキルしかない方も歓迎しております。
プロとして、自律的・能動的に行動できること、コミニュケーション力が高いこと、変化を恐れないこと、自己研鑽を続けられる方であれば問題ありません。
ただし、経営参謀になるためには、経営者と同じような視座と視野が必要になるため、不断の努力が必要です。

ー 社員の声

  • コンサルタントとして本当についていけるか不安でした。キャッチアップを必死にしながら取りくんでいます。社員インタビュー
  • 新しいメンバーが入るたびに、会社として新たな領域のプロジェクトに挑戦したり、既存のサービスと組み合わせてみたりと新しい挑戦が広がっていきます。社員インタビュー