M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

加重平均資本コスト(WACC)

区分:
英語:
Weighted Average Cost of Capital

加重平均資本コスト(Weighted Average Capital Cost、WACC)とは、DCF法等で企業価値の計算の際に用いる割引率。
企業の資本調達方法には、他人資本(借入金・社債等)または、自己資本(出資)がある。
他人資本は、融資にせよ金融商品にせよ返済方法や返済期限が明らかにされ、会社が倒産した際にも債権者や社債権者には会社資産から優先して配当がなされる。つまり他人資本は、自己資本の出資者に比べ有利な条件で企業に資本提供できるということになる一方で、利息は自己資本への配当よりも低くなることになる。
概して言うと自己資本は他人資本よりハイリスクハイリターンである。
ある企業が資金調達に平均してかかるコストを算出する場合、これら他人資本と自己資本の性質を数値化し、他人資本と自己資本の割合に従って加重平均する必要がある。これが加重平均コストの考え方である。

PAGE TOP