M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

黄金株

区分:
英語:

黄金株とは、株主総会において重要議案を否決できる権利を与えられた特別な株式。
海外からの会社買収を防止するために政府が保有していた拒否権付き株式が始まりで、転じて特定の株主の持分に取締役会決議に対する拒否権といった特別な権限を付した株式のことを指すようになった。ゴールデンシェア、拒否権付株式とも言う。
発行会社に友好的な企業に黄金株をもたせることにより、敵対勢力からの買収に備えることができる一方で、逆に買収側が黄金株を取得するというリスクも存在する。
これまで種類株式のみに譲渡制限を設けることは認められていなかったが、黄金株はあまりにも強力なため、会社法の施行により種類株式のみに譲渡制限を設けることが認められた。

用語検索
PAGE TOP