M&A GLOSSARY

M&A GLOSSARY

オークション方式(入札方式・競売方式)

区分:
英語:

オークション方式は、入札方式・競売方式とも言う。
オークション方式とは、M&Aの進行方向のひとつ。売却案件に対して複数の買取希望会社が入札を行い、最も良い条件を提示した買い手が独占的な交渉権を得るという方法。「入札方式」「競売方式」「コンペ」「ビッド方式」などとも呼ばれる。
一般的なオークションと違う点は、条件には買収金額のほか、スキームや、買収後の経営方針なども選考の対象となる。このため、最高価額を提示したからといって必ず落札者になるとは限らない。しかし一般的には相対方式と比べて最終的には高額で決着することがほとんどである。
売り手からすると複数の企業から金額が提示されるため比較検討しやすい一方、提示金額だけで買い手企業を選択しがちなため、相性や買収後のビジョンなどを見落としがちになるというデメリットもある。

用語検索
PAGE TOP